×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

審査について

キャッシングの申し込みの際には、氏名・年齢・住居・家族構成・仕事・年収・金融他社利用状況など、あなたの個人情報を記入、もしくは入力します。申し込み時の情報を元に、キャッシング会社は信用情報機関にあるあなたの情報と照合し、審査を行うわけです。
キャッシングの審査基準
キャッシング・ローン業者はどんな審査基準で融資の可否や融資額を決定しているのでしょうか? どういう人が借りることができて、どんな人が借りれないのでしょうか? このページではキャッシングの審査基準について説明してみます。
キャッシング業者は担保も保証人も無しに、会ったことのない見ず知らずの人に、わずか30分程度(それ以下の場合もある)の審査で10万円〜50万円という現金を貸すわけです。その上指定の銀行口座に振り込んでくれるサービスまでしています。

それではこんな風に、はたから見ると無謀なことをしているキャッシングサービスが大きく成長し、大手銀行が業務提携したがるのはなぜなのでしょう?クレジットカード会社よりも高い収益をあげているキャッシング会社もあります。

理由はとてもシンプルです。銀行やクレジットカードよりも手軽さ・気軽さをウリにして簡単にお金を貸す分、高い金利に設定して確実に回収しているからです。
キャッシングの審査基準は「回収できるかどうか」がすべて。
キャッシング会社の審査では融資したお金が回収できるかどうか、が一番のポイントになります。つまり「貸したお金をキッチリ取り立てれるかどうか」 という判断基準で審査を行うわけです。
他社借り入れ件数で、貸し倒れリスクを判断
キャッシング会社は回収できないリスク、つまり 「貸倒れのリスク」 を最小限に抑えるために申込み者の現在の支払能力と借り入れ状況のバランスを重要視します。つまり「このひとはまだ支払い余力があるのか?」という観点から審査するわけですね。

そしてこの貸倒れのリスク度を把握するために「他社借り入れ件数」を重要な判断材料として使います。 「他社借り入れ件数」 が各キャッシング会社の許容件数内であれば、金額は低いながらも貸してくれる可能性は高くなります。











Copyright© 2005 - 2007 今すぐ!キャッシング All Rights Reserved.